前方の障害物への対処と駐車

基本的には、前方に大型車などがいた場合にはなるべく近づかないように、意識しておくのはもちろんのこと、近づき過ぎてしまった場合は、後方の車に注意しながら、運転しなければならないというふうに言えるのではないでしょうか。そのような意味に照らし合わせるが、常に安全な車間距離を取り続けておくことが何よりも重要である、という風に言えるでしょう。また、最近では、大きなイベントなどを控えている影響で、道路工事などが頻繁に行われるようになってきているわけですが、道路工事などが行われている場合には、ブレーキを断続的に踏むことで後ろを走っている車に注意を促すのは、マナーの一つであるという風に入れるでしょ。自分自身の車が通ることが出来れば良い、というわけではないということを、きちんと覚えておかなければいけないわけです。特に、目安としては、自分自身の車の2代前の車が急に方向を変えたり、進路変更した際にはおそらく障害物があるのだろう、というような予測をしておくことが重要だといえそうです。また、横断歩道や歩道が横切っているようなところなどでは、前の車が徐行したりした際や、停止した際に、横断歩道があることを簡単に予測することができるのではないでしょうか。運転をする上で、重要なのは自分自身の車周りだけを注目してみるのではなく、全体がどうなっているか、ということを俯瞰的に把握することが重要である、というふうに言えるわけです。このようなことは、車を車庫の中に入れる際にも重要となってきており、例えば、左側にバックする場合には、まず、左側ギリギリに寄せておいて、止めておきます。入る前に、車庫の中の安全をきちんと確認しておくことが重要だ、というふうに言えるわけです。

コメントする