黄色信号と赤信号について

信号が黄色の場合には特に注意しておくことが必要だという風に言えるでしょう。信号が黄色の場合、泊まるべきなのか進むべきなのか注意して進むべきなのかというようなことを考える人がいるかもしれませんが、黄色の信号の場合も、基本的には止まれということである、ということを覚えておくことが必要だという風に言えるでしょう、と当然のことながら信号が赤色の場合には、止まるのはもちろんのこと、黄色で進むことができるのは交差点に入ってしまってから、黄色になった場合であって、目視で確認した状態で交差点に入る前にすでに黄色信号であった場合には、止まるのが基本であるというふうに考えておくのが重要であるわけです。一方で黄色の信号が点滅している場合には、注意しながら進むことができるわけですが、赤色の点滅の場合には、一時停止をすることが重要だと言えるわけです。このようなポイントについては、案外、教習所や免許センターを卒業した後に忘れてしまう人も多いことから、きちんと復習しておことが重要だという風に言えそうです。教習所の中では周回道路と呼ばれる道路に出る際に間違えてしまう人が多く、周回道路などの場合には周回する車が優先になっているわけですから、必ず徐行をするなどして周囲の安全を確認しておくことが重要だ、という風に入れるわけです。信号がなかったとしても徐行を行うということをきちんと覚えておくことがポイントの一つであるという風に言っていいかもしれませんね。様々な標識を確認するだけではなく、標識がない場合にもこの道路はどのような注意が必要かということを常に考えておくことがポイントだという風に言ってしまって良いのではないでしょうか?

コメントする