信号

皆さんは信号の指示を正確に理解しているでしょうか。赤色、青色、黄色の点灯に関しては区別できるでしょうが、黄色、赤色の点滅については、曖昧な理解のままでいる人も多いでしょう。ここで改めて信号機の役割を学び、細かなルールを覚えるようにしましょう。信号機のない世界を想像して下さい。交通の秩序が全く成り立たないと私は思うのです。事故の数は現実世界とは比較にならないほど多く、我々の生命の保全は約束されないはずです。そのような恐ろしい世界にしないためにも、信号機の指示を皆が守ることが如何に大切かを、理解していきましょう。

信号機のことを改めて勉強するまでもないと考えている人は猛省して下さい。信号機については基本的な知識さえ身に付いていない人がたくさんいます。まず認識すべきなのは、運転手にしろ、歩行者にしろ、見なければならない信号機は前方のものだということです。よく見かけるのは、横の信号に釣られて横断したり、発進したりするシーンです。時差式信号機であれば、横の信号が変わってからしばらく経たないと、前方の信号機に変化が見られることはありません。このずれは安全を確保するためのものなので、従わなければ交通事故が多発してしまいます。

信号機の表示と言えば、赤色、黄色、青色の三種ですが、青色の矢印、黄色の矢印もたまに見かけます。また、黄色、赤色の点滅も目にすることがあります。青色は直進、左折、右折の全てが可能であることを意味します。黄色であれば、通過中でない限り、停止しなければなりません。赤色は停止を意味します。青色の矢印は、矢印の方向に進めることを意味します。黄色の矢印は路面電車用の信号で、自動車が従ってはなりません。黄色、赤色の点滅はそれぞれ、注意して進む、一時停止して進むことを意味します。

コメントする