安全運転のための心得

旅客運送の運転手として心掛けるべきは、自身の体調管理です。安全運転を実現するためには、日々自分の健康に関心を払う必要があります。体調不良のまま運転してしまえば、重大な事故を惹き起こしかねません。ですから大切なことは、少しでも不調を感じ取った時は、直ちに休息を取るようにすることです。決して無理に従業してはなりません。タクシー会社やバス会社では、毎朝始業点呼を実施していますが、この点呼は人員把握とともに、体調の確認を目的としています。運転手は事業者に体調不要を申し出ることを優先し、管理者も従業員を無理に働かせないように注意します。

二日酔いのように、疲れが取れていない状態で従業するのも良くありません。このような状態を軽視して運転してしまう人は少なくありませんが、事業者は厳しく目を光らせる必要があります。管理者として疲れている従業員に運転を要請してはなりませんし、運転手も乗客に頼まれようと、固く断る勇気を持つことが大切です。

体調不良に陥った時は運転しないことが最優先されるべきですが、そもそも体調不良を生まないような生活習慣、体調管理は、運転手としての責務といえます。

教習所や合宿免許で安全運転を心がけるようにすると、免許取得後も安全運転に気を配れると思います。

安全運転を徹底しましょう。

コメントする