各機能

自動車は多くの部品や組織から作成されている乗り物であると言えるでしょう。自動車学校などの講習では、各機能などを座学で学び、その後実際にその機能を使用して運転するといった流れがほとんどではないでしょうか。

合宿免許などの際は、場合によっては省略される可能性も否定できないため、自身でしっかり学んでいくと仕組みや繋がりが理解でき、より安全な運転を行えるのではないでしょうか。

まず、自動車を動かすためには、動力を伝えるという作業が必要でしょう。そこで重要な機能を持つものが「クラッチ」ではないでしょうか。クラッチペダルを踏み込んだ状態では、クラッチ板が接触せず、動力が伝わらないと言えるでしょう。しかし、踏まない状態にしてみると、クラッチ板が接触し、動力が伝わる仕組みになっているようです。クラッチペダルを踏み込むことを「クラッチを切る」とも呼んでいるようです。マニュアル車といった場合、通常1速から5速と後退用のバックギアがありますが、力のあるギアや速度の出るギアを走行状態によって選ぶ オートマ車では、Dレンジにすると速度や状況に応じ、自動的にギアの組み合わせを行うことができるようです。つまり、マニュアル車というのは、状況に応じ、自分自身で必要なギアを選ばなければならないということです。自動車というのは、ハンドルを回すことによって、前輪の向きを変え、車の進行方向を変える仕組みになっているのはご存知でしょう。そのためハンドルを回すことで前輪タイヤの角度が変わり、左右へ曲がることが可能となっているようです。ハンドルを持つ位置というのは、時計にたとえるならば9時15分あたりを持つと良いと言われているようです。

コメントする