雨の日の夜は高速道路を走るのはやめましょう

雨が降っているときの夜のドライブは周囲がよく見えないので実にいやなものです。たださえあまり見えないのにフロントガラスが汚れたりなどしていると対向車のヘッドライトが反射してしまってさらに見えなくなってしまいます。なのでフロントガラスはきれいにしておきましょう。一時的に汚れを取るスプレーなどもありますが、時間がたつとまたすぐに惚れてしまいます。雨の中でスプレーをするのは大変ですが、気になったら適宜ガラスを磨いておくことがよろしいかと思います。

フロントガラスの内側も雨が降っている際には湿気がこもって曇りがちになってしまいます。この対処法としては室内温度の設定を少し上げてあげればものの数秒で解決することができます。ただ暖かい風を送るだけでは曇りは取れません。大切なことはエアコンをきかせることです。後ろの窓ガラスが曇ってしまうなら熱線のスイッチを入れてみてください。これらは取扱説明書を読んで把握しておきましょう。

雨の日は対向車のヘッドライトがとてもまぶしく感じます。広い道をはしっているのならば対向車のヘッドライトはまっすぐこっちを向いているわけではないのでまだましですが、狭い道でこちらに向かってくる対向車のヘッドライトはほぼ直接こちらを向いているのでまぶしいでしょう。こういう時は左によってライトを消して車を止め、対向車が通り過ぎていくのを待ちましょう。

走行するときは左側を通っている歩行者と自転車を避けるためにセンターラインに寄りながら走るのはもちろんのことですが、何よりも大切なことはスピードを落とすことです。雨が降っているとブレーキが効きづらくなってしまうためですね。これが高速道路だとさらに速度を落とすのが難しくなってしまいます。前を走る車が水しぶきを上げてこちらのフロントガラスを汚して視界が悪くなってしまいます。なので私は雨が降っている夜は高速道路を利用するのを避けるようにしています。

もしどうしても高速道路を利用しなければいけないときは十分気を付けて速度を落として走行するようにしてください。

こうした高速道路の走行も合宿免許でも学ぶことが出来ます。

ちょうど雨の日にあたるかはわかりませんが、教官の教えに従い安全運転を心がけ、合宿免許をうまく効率よく利用していきましょう。

コメントする