バイクが来たらあなたはどうしますか

バイクが猛スピードで後ろから現れたかと思ったら次の瞬間には車の間をすいすいと抜いていくなんてところを目にしたことがあるのではないでしょうか。バイクは車よりもエンジンは小さいですが車体が軽いため加速しやすいです。その加速を利用して車の間をすり抜けながら走っていくというわけですね。

しかし、タイヤが二つしかないのでちょっとしたことでよろけてしまったりしてしまい、またバイクのライダーはほとんど生身なので少しでも車とぶつかってしまうと大きな事故となってしまうことも少なくありません。

では車の近くをすいすいと行ってしまうバイクをどのように車側から対処すればよいかというとそのような方法はありません。後ろから抜いて近づいてくるバイクはやり過ごすしかないのです。大事なのはミラーをよく確認してバイクが近づいてきていることに気が付くこと。バイクは車よりも素早く接近してくるので気が付かないうちに後ろにいたなんてこともあります。ちょくちょくミラーをみてバイクが来てないか確認するしか方法はないですね。また急な進路変更や急ブレーキなどを極力避けることが大切ですね。バイクがすり抜けを行うときは車がまっすぐ進むであろうと決めつけています。急に進路変更してしまえばこのバイクとぶつかってしまうかもしれませんね。交差点で右折するとき、対向車線にいるバイクというのは思っているよりも早いスピードで近づいてきます。直進優先なのでバイクは躊躇なく直進してきます。

しかしあなたがバイクのスピードを見誤っているとぶつかって事故になってしまいます。また最近は車道を猛スピードで走っているスポーツタイプの自動車も増えてきました。車側からしてみれば鬱陶しく感じることもありますが、追い越す際は余裕をもって大体50cmほど自転車と間隔をあけて追い抜いていきましょう。スポーツタイプもママチャリも残念ながら一時停止や信号無視などをしています。このような自転車には近づかないのが吉ですね。

合宿免許などでは、後半からは実際に道路を走って練習する場面があります。

その合宿免許での練習の時間を利用して、バイクを意識してみるのもよいかもしれませんね。

コメントする