自動車の機構と運転装置

自動車学校などに通い始めると、運転する前に車についての講習から始まるところが多いのではないでしょうか。それは、自動車を運転するためには、自動車の運転装置の各機能と、走行の原理というものを理解しておく必要があると考えられているからではないでしょうか。運転免許を取得してから学んでも遅くはないと言えますが、免許を取ってしまった後に真面目に勉強する人というのも少ないと考えられるため、実習の前に正しい知識と取り扱いというものを学ぶとされているのでしょう。

この知識がなく、各機能の取り扱い方などがわからない状態では、安全な走行はできない上に、自動車の故障や事故の原因を引き起こしかねないと言えるでしょう。合宿免許などの時短免許取得に際しても、はじめに覚えておくと後が楽になるでしょう。

まず、車の原動力であるエンジンルームを見てみましょう。自動車のエンジンというものは大きく分けて、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2つに分けることができるようですが、燃料を使用しないといった車が注目されている現代では、ガソリンエンジンと電気モーターの2つの動力源を持つハイブリッドカーと呼ばれる車も増えてきているそうです。動力伝達装置の仕組みとしては、エンジンの動力をクラッチをつなぐことによりトランスミッション、プロペラシャフト、そして駆動輪へと伝えている仕組みのようです。FR車の場合、クラッチ、トランスミッション、プロペラシャフト、ディファレンシャル、リアホイールといった経路をたどり、エンジンで発生した動力を後輪に伝える仕組みになっていると言われています。オートマ車では、オイルで満たされたケースの中に2つの羽根があり、オイルの流れでエンジンの動力をトランスミッションに伝えるとされています。

コメントは受け付けていません。