タイヤとハンドル

累計で長距離の走行をしている場合、タイヤが磨耗し、表面の凹凸がなくなってくるという現象が見られます。これを「スリップサイン」と呼び、このスリップサインが見られてくる、もしくは兆しが見られた段階というのが、タイヤを新しく交換する時期の目安であると覚えておきましょう。

また、空気圧というのにも注意しておく必要があるでしょう。タイヤの空気圧というのは、タイヤの種類によって異なる数値が決められているようです。それぞれのタイヤの適正な空気圧で走行しないと、ハンドルが重く感じたり、燃費が悪くなってしまったり、さらにはスリップしやすくなってしまったりするなど、十分な安全確保ができなくなる可能性があり、走行自体に支障をきたしてしまうかもしれません。

具体的なスリップサインや空気圧の調べ方などは、自動車学校などでしっかり確認しておくと良いでしょう。近年人気のある合宿免許などでも、不明な点などは積極的に質問し、いざ免許を持った時、実践で困らないよう準備しておくことも大切ではないでしょうか。車の走行の際、進行方向を決めるのがハンドル操作であり、とても重要となる技術と言えるでしょう。練習段階から危険を伴うため、当たり前ではありますが、運転の際には健康管理にも気をつけ、正しい操作方法で運転するように心がけなければならないでしょう。練習段階で正しい操作方法を身につけておけば、いざ道路に出た時に緊張して何もできないということもないでしょう。

正しいハンドルの持ち方としては、親指をハンドルの内側に入れないように持つことです。ここでも体格の差があるため、自分の体格に合わせて9時15分から10時10分の間を持つように調整しましょう。手は軽く握り、親指は軽く添えるくらいがちょうど良いとされているようです。ハンドル操作は正しい運転姿勢と連動するため、しっかりと安全のための姿勢を身につけられることが望ましいでしょう。

コメントは受け付けていません。