ミラーの活用

ミラーの活用安全運転にとっては、何と言っても正しい運転姿勢をキープすることというのが大きなカギとなってくるのではないでしょうか。そして、その正しい運転姿勢を崩すことなく運転するために必要とされるのが、ミラーであると言えるでしょう。ルームミラーの調整の際には、正しい運転姿勢のまま、目だけを動かして調整するようにしましょう。体ごと動かして調整したところで運転中にそうなってしまっては安全運転などできるはずがありません。

ルームミラーには、リアウインドウの中心をミラーの中心に映すように調整すると良いでしょう。これは、後方全体が見えるように合わせるということであり、上下の角度については、後続車の様子がわかるように調整することが望ましいと言えるでしょう。

また、ドアミラーの調整というのも大切でしょう。ドアミラーの合わせ方としては、ドアミラー調整のボタンを操作し、左右の後続車の様子がわかるように調整することが大切でしょう。このときも、しっかりと正しい運転姿勢を崩さずに目だけ動かして見るといったことがポイントになるでしょう。ドアミラーの合わせ方としては、左右の後続車の様子がわかるように調整するというのが基本でしょう。

ミラーの約3分の1くらいに自身の運転する車のボディが映り込むようにすると良いでしょう。身体を大きく動かすことなく確認できるのがミラーの良いところですが、実技試験や講習の際には「見ていますよ」といった雰囲気を作ることも重要です。下手をしたら確認不足で減点になってしまうかもしれません。合宿免許などに参加すると、こういった実用的な「試験対策」なども効率よく学べると言えるかもしれません。自動車学校が行っている合宿免許の実習などでは、きちんと教え込まれるため、多少窮屈に感じてしまうかもしれませんが、全ては安全のためです。しっかりと身につけるよう頑張りましょう。

コメントは受け付けていません。